ピンポイント情報(予測震度・猶予時間をお知らせ)
気象庁が配信する緊急地震速報を、24時間リアルタイムで受信し、本体設置場所における予測震度、地震到達までの猶予時間を
お知らせします。 (緯度・経度・地盤増幅率を本体に登録)
それにより、予測震度や猶予時間に応じた避難行動・避難対策・機器制御を行うことができます。

気象庁 緊急地震速報 新基準 「地震警報」と「地震予報」
気象庁は、一部改正された気象業務法の施行(平成19年12月1日)に伴い、今迄すべて予報として扱っていた緊急地震速報の
地震観測点が2点以上の観測データで、震度5弱以上の揺れが予想される地域がある場合は、「警報」として扱う事になり、配信
電文の中に、この電文が、予報なのか、警報を含む情報なのかが判るフラグを定め、警報を含む情報の場合は、警報になると
予想される地域の全てを電文に追加して発報するように、緊急地震速報の電文を一部改正しました。
スーパードラゴン気象庁からの緊急地震速報のフラグを判別して予報か警報かを区別し、警報であった場合には本体が
設置されている場所が含まれる地域が、配信データの警報地域の中にあるのかを判別します。
該当していた場合は、「緊急地震速報の警報」となるので、 「警報」 としての通報をするようになってます。
(たとえ警報を含む情報であっても、設置場所が警報地域に該当しない場合は、 予報としての通報を行います。)

緊急地震速報の精度を選択
スーパードラゴンは高度利用者向け緊急地震速報を受信しています。
高度利用者向け緊急地震速報では、ひとつの地震に対して複数回の緊急地震速報が配信されます。
最初に配信される速報を第1報とし、2回目の配信を第2報、以後3報、4報、5報、、、、、最後に最終報が配信されて終了となります。
ひとつの地震で何回配信されるかは、地震の規模により異なり通常は5報から20報程度配信されます。
第1報より2報のほうが精度(予測震度・猶予時間)が高く、第2報より第3報のほうが精度が高くなります。
第1報で緊急地震速報を受信すれば、いち早く緊急地震速報を受取ることができますが、予測震度や猶予時間の精度が低い場合も
あり、誤報の可能性も含まれています。
第2報以上で緊急地震速報を受信すると、速報を受取る時間は第1報より遅くなりますが、より精度の高い予測震度や猶予時間を
受取ることができます。  誤報の可能性も低くなります。
スーパードラゴンは、本体の発報基準として第1報〜第4報から選択することができます。
少しでも早い発報を望む場合は、発報基準を第1報とし、誤報を防ぎたい場合や精度の高い予測震度・猶予時間を知りたい場合には、
第2報以上を採用します。
※便宜上、第1報、2報、3報、4報などと記述していますが、スーパードラゴンでは1観測点、2観測点、3観測点、4観測点として表示
 しています。

予報から警報への切替再発報
スーパードラゴンが「予報」として発報、カウントダウンの途中で気象庁から「警報」による緊急地震速報を受取ると、瞬時に再計算し
警報による発報を開始します。
また、本体が発報中であっても、より大きな震度情報を受信すれば、瞬時に修正発報。
発報音声の詳細は、スーパードラゴンの発報音声パターンを参照。

津波警報・大津波警報
津波警報にも対応。  全国を66区域に分けた気象庁津波予報区での発報が可能。
お客様に設置した沿岸区域の津波注意・津波警報・大津波警報をお知らせ。    津波予報区はコチラから

3つの異なる震度で機器制御
スーパードラゴンは3つの震度を設定することが出来ます。  例えば、、、、
 接点1・・・震度設定を5弱で設定、震度5弱以上の地震で放送設備の自動起動させる
 接点2・・・震度設定を4で設定、震度4以上の地震で自動ドアの開閉制御をする
 接点3・・・震度設定を3で設定、震度3以上の地震でエレベータを制御する
複数の震度を設定をすることが出来るので、異なる機器を任意の震度で制御することが可能にります。 
今後機器制御を検討されているお客様には最高の受信装置になることと思います。

冒頭音・警報音声の変更・外国語放送
警報音声はWAVファイルにより書き換え可能なので、例えば、
 1・・・カウントダウン形式で、地震までの猶予時間により、安全確保の行動を変えたい
 2・・・商業施設なので、カウントダウン無しで放送し、揺れが収まった後の避難誘導を自動で放送したい
 3・・・幼稚園なので、校長先生の声で放送したい
 4・・・警報の冒頭にまず、オリジナルサイレンを鳴らしたい
 5・・・日本語と外国語の両方で放送をしたい
以上のように、お客様のご要望に応じた警報音声を作成、放送などをすることが可能。
サイレン音は、NHKチャイム音、レイク警報音、お客様ご要望のサイレンなどでも挿入が可能。

館内放送の頭切れ対策・自動復旧
放送設備の起動時間を考慮して音声出力のタイミングを調整できるので、放送内容の頭切れがありません。
放送終了後には自動で放送設備を自動復旧します。

カウントダウン終了後のアナウンス
カウントダウンの音声が終了した後は、地震よる揺れが実際に始まります。
この揺れている間に、別の注意アナウンスを放送し、より適切な安全確保を促すことが可能となりました。

猶予時間がない場合でもアナウンス
設置場所から震源地までの距離が少ない場合には、気象庁からの緊急地震速報が間に合わないことがあります。
このような場合、通常の緊急地震速報 受信装置では発報することが出来ません。
たとえ発報が間に合わない場合でも、揺れている間に震度情報や安全確保のアナウンスをすることは重要なことです。
そこで、スーパードラゴンは「揺れている間の安全確保」を確実にするために、間に合わない場合でも適切なアナウンス
をすることが出来ます。   発報音声の詳細は、スーパードラゴンの発報音声パターンを参照。

通報禁止時間の設定・時報機能
設置場所の周辺に、警報音声などが聞こえるので、夜間や休日は発報しないでほしい。 
自動ドアやセキュリティの解除を発報と同時に設定しているので、夜間や休日は接点出力したくない。
このような要望にも対応し、発報をしない通報禁止時間帯の設定が出来ます。
指定時間に時報を鳴らすことで、スーパードラゴンと放送機器との接続状態が確認できます。

ネットワーク対応機器を制御
スーパードラゴンはネットワークを利用し、離れた場所のパトライトなどを制御することが出来ます。
コストパフォーマンスはもちろん、応用範囲は無限に広がります。

防災訓練・試験放送
緊急地震速報を活用するためには、継続的な防災訓練を実施することが大切です。
また、試験放送をすることで、機器本体と放送設備との連動確認や、その他外部機器(自動ドア・エレベーター)などとの連動確認を
行うことが出来ます。
本体ボタンの操作で、いつでも防災訓練・試験放送を実施することが可能となります。
防災訓練・試験放送に関しての詳細はコチラから

受信履歴・発報履歴の閲覧
スーパードラゴンが受信した全ての緊急地震速報の履歴、本体が発報した履歴を2か月にわたりエクセル形式でレポート出力する
ことが出来ます。

通信セキュリティの強化
緊急地震速報のデータは、SSLで暗号化しVPN接続でセンターサーバーから配信されます。
データの暗号化処理によるセキュリティの高い受信が出来ます。

ミキサー機能・プリアンプ機能・音声自動切替機能
ミキサー機能も付加されているので、放送設備などの入力端子に余裕がない場合でも対応が可能となりました。
プリアンプ機能により外部音声出力の調整が出来るので、放送設備と連動する場合の音量調整が容易にできます。
警報発報時には、通常放送を遮断し警報音声に自動で切り替わります。

接点信号出力幅の変更
接点信号の出力保持時間の調整や、パルス幅などの調整もできるので、様々な機器に対しての応用が容易になりました。
(放送設備連動用の接点を除く)

プロキシ接続
プロキシサーバー経由で既設LANに接続すれば、NTT光などの専用新規回線が不要となります。
毎月のランニングコスト大幅減、大規模ネットワークへの接続も柔軟に、ベーシック認証に対応しています。

「デジタルもぐら」と連動
FMラジオタイプの「デジタルもぐら」との連動で、インターネット回線が切断されても緊急地震速報を受信することができます。
また、東海地震警戒宣言、 自治体要請のミサイルなどの緊急警報放送にも対応!

通信状態保守
通信障害による切断異常を機械任せにしません!
配信サーバーと本体の接続状態を常時監視し、異常発生時には、10分後にはメールで連絡、15分後には弊社から担当者様に直接
お電話で連絡させていただきます。     詳しくはコチラから

本体動作保守
緊急地震速報を確実に受信するために、配信サーバーとの本体との通信状態の監視に加え、センターサーバーが自動
巡回監視を行い、お使いの本体装置が正常に動作していることを確認します。
(本体装置の登録ID確認、緊急地震速報データの受信状態、仮想メモリ利用状況などを確認し、機器の異常を監視します)
巡回監視の結果、異常を検知した場合はメールまたは電話でご連絡します。
また、弊社が安定稼働を確保するために必要と認めた場合は、遠隔操作により本体装置を再起動をさせる場合もあります。
緊急地震速報を確実にお届けするために、さらなる安心をお届けしています。     詳しくはコチラから

本体修理保守
ご導入いただいてから、5年間、本体に不具合が生じた場合は、無償にて機器を修理させていただきます。  詳しくはコチラから

代替機保守
機器が絶対に故障しないという保証はありません。
機器に障害が確認された場合には、代替機を先出にて送付致します。   詳しくはコチラから

アップデート保守
常に本体が安定稼働できるように、お客様がより精度の高い緊急地震速報が受けられるように、バージョンアップを無償で実施
しております。    詳細はコチラから

電話サポート保守
機器の震度設定や、その他の設定内容の確認したいけど、操作方法が、「取扱説明書だけでは不安」、一緒に設定をしてほしい。
防災訓練をしたいのだけど、配信サーバーから訓練用の緊急地震速報を配信してほしい。
どのようなことでも専用電話でサポート!     詳しくはコチラから

周知広報サービス
緊急地震速報の受信端末の利用にあたっては、「常に周知広報するように」という気象庁からの指導もございます。
二次災害を防ぐため、緊急地震速報の周知広報用のスタンド及びポスターを配布しております。    詳しくはコチラから

サイネージ、クライアントPCへの警報割込表示
放送設備による一斉放送とは別に、オプションのタイガーCALLを利用すれば、デジタルサイネージクライアントPCへの、
警報情報の割込表示が可能となります。
さらなる活用範囲が広がりました。       詳しくはコチラから

防災メール配信サービス
津波警報、気象警報、緊急地震速報をお客様の指定したメールアドレスへ配信。
配信時間及び配信曜日の選択ができ、配信地区は全国又は特定地域から選択可能。
ニュースで知るより早く知る事で、災害地の後方支援の初動体制をすばやく立ち上げることができます。   詳しくは、コチラから

気象庁ガイドライン準拠
「気象庁 緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン」に準拠しています。
ピンポイント情報(予測震度・猶予時間をお知らせ)
気象庁 緊急地震速報 新基準 「地震警報」と「地震予報」
緊急地震速報の精度を選択
予報から警報への切替再発報
津波警報・大津波警報
3つの異なる震度で機器制御
冒頭音・警報音声の変更・外国語放送
館内放送の頭切れ対策・自動復旧
カウントダウン終了後のアナウンス
猶予時間がない場合でもアナウンス
通報禁止時間の設定・時報機能
ネットワーク対応機器を制御
防災訓練・試験放送
受信履歴・発報履歴の閲覧
通信セキュリティの強化
ミキサー機能・プリアンプ機能・音声自動切替機能
接点信号出力幅の変更
プロキシ接続
「デジタルもぐら」と連動
通信状態保守
本体動作保守
本体修理保守
代替機保守
アップデート保守
電話サポート保守
周知広報サービス
サイネージ、クライアントPCへの警報割込表示
防災メール配信
気象庁ガイドライン準拠
お問合せは 総合窓口 0742-53-7833   mailでのお問合せ mail question
スーパードラゴン デジタルなまずの究極の進化
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
すーぱーどらごん デジタルなまずの究極の進化
気象庁 緊急地震速報 受信機 スーパー ドラゴン
J コーポレーション
緊急地震速報
Jコーポレーション
スーパードラゴン
特徴・機能
リース
7年
リース
5年
月額14,000円 〜
詳細はお電話・メールで 0742-53-7833 mail question
緊急地震速報
スーパードラゴン 特徴・機能
信頼の証 日本製

デジタルなまずが進化したすーぱーどらごん 地震対策

スーパードラゴン 詳細機能